嗚呼カーリングが嫌いになってきている

お久しぶりです。

2018年上半期の予定も決まり。

横浜カーリングクラブも経営破たん目前で、料金の値上げをしなければならない状況となり、
2100円徴収している料金は400円UPして2500円となる。

だからか、ここのところご新規の申し込み連絡はまったくない。

運営方法、宣伝のやり方が悪いと言われれば、そうなのかもしれない。
カーラーの職業率ナンバーワンといわれるシステムエンジニアからは、サイトデザイン残念、文章、画像処理下手くそ、公式HPのつくりじゃないyoー
などと思われているかもしれない。
だったら、ボランティアで最新のシャレオツなサイト作ってほしい。

そもそも
「カーリングは遊びじゃない!」とゆう思い込み偏見をもったカーラーには、このクラブの雰囲気はよくないのであろう。
ゆる~いし、ミニゲームは初心者も一緒に楽しみながらやっているわけだし、
世界を目指すカーラーは、どんな些細な練習でも真剣にカーリングに取り組まなければいけないそうだ。

クラブ設立者のH氏からは、
「無理ならやめても大丈夫だよ」
と、優しいお言葉を頂戴したし
クラブの閉鎖、休止、も覚悟してやっていくしかないだろう。

自分とミスタK(このブログでは会長と表記している)は、何があっても、リンクを貸しきった日に出向くしかない。
ほぼほぼ義務だ。
ミスタKはオープン大会やってようが、軽井沢や山中湖の練習会に誘われようが、代役立てられないのならアイスメイクだけでもやりにいかねばならないし。
自分の場合、病気になろうが自分の親が死に掛けてようが、キャンセルしない以上会計と受付はやらなければならない。

いつも手伝ってくれてるスタッフ的(勝手に認定)参加者さんはありがたい。
でも、魅力的な大会、練習会に誘われれば、そちらに行ってしまうのは仕方ない。
自分とミスタKと違って、義務も強制もないのだから。
今回のスケジュールも、かなり大会とかぶっているので、2、3人でもやっていくしかない。


そして、ここに記載していいものかどうかなのだが、
YCCサイトからリンクを外したし、あくまで”ぼやき”なのだから、大会で嫌な思いをしたことを書くことにした。

”カーリングは遊びじゃない!””自分はカーリングができる子アピール”タイプに豹変したとある方に
自分としては被害にあったことを書きたい。
アウトプットしないと、このままだったらカーリングそのものを嫌悪してしまいそうだからだ。


続きを読む…

スポンサーサイト

日本選手権

日本選手権も終わり、

男子は磐石に、 SC軽井沢。

女子は 予想外で 、 中部電力。

平昌オリンピック出場が決まった場合、女子はオリンピック出場決定戦を
9月にやります。

うちの副会長、スタッフとして常呂に行くことになった模様だ。


この時期になるといつも思うのは、

決勝クラスどころか、地区予選通過できない選手権カーラーの

実に矛盾した愚痴をよく耳にする(関東地区)。


決まっていうことは

「子供の頃からやってるんだから」
「仕事もあるし、練習時間が違うんだから、勝てる訳がない」


子供の頃からってのは仕方ないとしても、疑問に思うのは練習って方。

軽井沢と山中湖と相模原だけではないと思うが。。

そこでしか練習出来ないって固定概念があるようじゃ進歩ないでしょ。


だって、横浜と上尾を

上手く利用すればいいと思うがね。


横浜だって、協会が使用するなら、月3回貸せるという話もあった。

利用回数が増えれば、枠ももっと増えるかもしれない。

そもそも、日本で一番最終が遅くて始発の早い、京浜東北線沿いですよ。

深夜に練習したって移動は何とかなるなる。



近くの場所を利用して、練習時間を増やそうって発想はないのだろう。


そこが??なんか矛盾している。


しょせんは、レジャーカーラーの戯れ言ですがね。




ここだけの話

YCCのスポーツ保険の担当者のHさんから電話があった。

2017年の契約についてだが、最近、忘れっぽいのと、

このクラブは2017年でおしまい

と思っているので、連絡を忘れてしまっていた。


一応、2月末までは、保険に加入しているのでご安心ください。


ご新規の方数人しか来ないし、お手伝いスタッフも人材不足。
いっそ、自己責任でやってもらうか、その分、経費も掛からないわけだから、と、思っていたんだが。。。

会長より
「初心者も来てくれるのに、なんでやめんの?」
「はあ~、年単位でしか契約できなくって、一年で約7、8千円掛かるんすけど・・・」
「それくらいなら入っておけばいいじゃない」
「・・・わかったよ」

う~ん、帳簿は確認してる筈なんだけどなぁ・・・

大体、選手権登録カーラーは、ヨコハマのことなんてアウトオブ眼中なんだぜぇ

たしかになぁ、初めての方、回数少ない方、が安心して練習会を楽しんで頂くためには保険は必須だろう。
ただでも、スタッフおらんしね。

会長と副会長がアイスメイクして、管理人が受付と指導員って感じでやっている。
そして、不定期参加のメンバーが手伝って下さる感じで運営している。

そして、本家カーリングのイベントが開催される時には、世界のSさん副会長はスタッフで持ってかれるんで、
かぶっちゃったりしたら更に運営スタッフは少ない。

まあ、どうせ今年で終わりだし、きちんと団体スポーツ保険には加入しておこう!



20150519-ultrakaijyusanpo04_v.jpg





そういえば、Hさんとは、こんな会話もありました。。。

「もし、YCCがアイスアリーナを定期的に利用しないと、縁が切れちゃうの?」
「ええ、切れますね。向こうもビジネスですから」
「神奈川県協会なんてこちらのことはアウトオブ眼中ですから、うちが使えなくなれば、
アイスアリーナでカーリングは二度とできないでしょう

「東京協会所属の方で、ヨコハマ使いたいって方がいるけど・・・」
「え??」


続きを読む…

プロフィール

茅ヶ崎ぽち

Author:茅ヶ崎ぽち
愛知に移転された前任者様から、横浜カーリングクラブの運営を引き継いだ。

好奇心、食欲、飲酒旺盛だが、飽きっぽい。根性なし。
最近カーリングがどうでもよくなりつつある・・・(爆)

酒と旅と旨い肴と、ホークスと2時間サスペンスと、ときメモGSとゲームセンターCXをこよなく愛す太目中年。

最新記事

カテゴリ

リンク

管理人の囀り

広告